披露宴会場もある?別になるの?

いろいろな結婚式場があります

結婚のおおよその日取りが決まったら、式と披露宴の概略を決めましょう。結婚式の形式には、神前、キリスト教式、仏前、人前結婚式などのスタイルがあり、それぞれに応じた結婚式場があります。現在、一番利用されているのが、神前結婚式です。どのスタイルにするかは、両家の信仰宗教によって決める事もありますが、特別な事情がなければ、式を上げる当人たちの希望を優先して、両家が話し合って納得できる結婚式にするのが望ましいでしょう。結婚式と披露宴の形式によって、会場の選択肢もおのずから決まってきます。現在、最も多く利用されているのは、結婚式専門式場ですが、ホテルで豪華に行いたいとか、公共施設で費用をおさえて行いたいなど、これも、当人たちの希望に沿った式場を選びましょう。式と披露宴を一か所で行うのが、最近の傾向ですが、キリスト教式や、仏前結婚式の場合は、式と披露宴会場を別々に用意する必要が出て来ることもあります。

それぞれの式場の特徴は?

結婚式専門会場は、結婚式と披露宴がセットになっていて、貸衣装から着付け、写真撮影など、必要な設備がすべて揃っています。
ホテルでの結婚式も、結婚式と披露宴をセットで行えますが、ホテルと専属契約を結んでいる神主や神父がいない場合は、別途、依頼しければならない事もありますので、事前にホテル側とよく調整する必要があります。
公共施設での結婚式は、費用がかからず、簡素に行えますが、披露宴に使えるだけの大きな部屋が用意できない施設もありますので、その場合は、披露宴ために、他の施設を予約する必要があります。
キリスト教式の結婚式は、式は教会で行えますが、披露宴会場を併設している教会は少ないので、披露宴のために、他の施設を予約する必要が出て来ます。
近年、大きな寺院では、披露宴会場を併設している寺院もありますので、仏前結婚式を望むなら、事前にお寺さんと相談するのが一般的です。